世界陸上男子400mリレー、日本は銅、中国6位=蘇炳添「もっと頑張らないと」―中国メディア

世界陸上男子400mリレー、日本は銅、中国6位=蘇炳添「もっと頑張らないと」―中国メディア

5日の陸上・世界選手権(ドーハ)男子400メートルリレー決勝で、多田修平、白石黄良々、桐生祥秀、サニブラウン・ハキームの日本が37秒43のアジア記録をたたき出し、2大会連続の銅メダルを獲得した。資料写真。

5日の陸上・世界選手権(ドーハ)男子400メートルリレー決勝で、多田修平、白石黄良々、桐生祥秀、サニブラウン・ハキームの日本が37秒43のアジア記録をたたき出し、2大会連続の銅メダルを獲得した。

中国は4日の予選で負傷した謝震業(シエ・ジェンイエ)を欠き、蘇炳添(スー・ビンティエン)、許周政(シュー・ジョウジョン)、呉智強(ウー・ジーチアン)、別舸(ビエ・ガー)のオーダーで臨んだが38秒02で6位に終わった。

予選は、日本が37秒78、中国はナショナルレコードを更新する37秒79だった。

中国上海紙の文匯報によると、決勝のレース後、蘇は「日本は中国ができなかったことができていた。中国はもっと頑張らないといけない」とコメントしていたという。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)