韓国の9月の日本車販売が前年同月比で約6割減―韓国メディア

韓国の9月の日本車販売が前年同月比で約6割減―韓国メディア

6日、中国メディアの観察者網は、韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国の9月の日本車販売台数が前年同月比で約6割減となったと伝えた。資料写真。

2019年10月6日、中国メディアの観察者網は、韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国の9月の日本車販売台数が前年同月比で約6割減となったと伝えた。

記事は、韓国輸入自動車協会(KAIDA)が4日、日本車の9月の新規登録台数は1103台で、前年同月比59.8%減になったと発表したと紹介。「韓国で日本製品ボイコットが始まった7月は(前年同月比で)17.2%減、8月は56.9%減と減少し続けている」と記事は指摘した。

今年に入ってからの累計販売台数は、9月までの時点で2万8657台となり、前年同期比6.1%減となったという。

記事はまた、「先月の輸入車市場に占める日本車の割合は5.5%に過ぎず、前年同月(15.9%)の3分の1にとどまった」と説明。1〜9月の累計では17.2%と前年より高くなっているが、これは、輸入自動車の中でドイツ車の比重が減少し、レクサス(トヨタ)などの日本車の販売が好調だったことが関係しているとの分析があると伝えた。

ブランド別にみると、トヨタは374台(前年同月比61.9%減)、ホンダは166台(同82.2%減)、日産は46台(同87.2%減)だった。レクサスは前年同月比49.8%増(469台)となったが、前月比では22.2%減。インフィニティ(日産)は前年同月比69.2%減の48台だった。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)