在日中国人の白タク行為、取り締まり強化―華字メディア

在日中国人の白タク行為、取り締まり強化―華字メディア

日本の華字メディア・中文導報網はこのほど、「在日中国人の『白タク』営業に対する取り締まりが強化されている」とする記事を掲載した。写真は東京。

日本の華字メディア・中文導報網はこのほど、「在日中国人の『白タク』営業に対する取り締まりが強化されている」とする記事を掲載した。

記事は「日本を訪れる中国人観光客が激増する中、『チャンス』を見込んだ在日中国人らが次々とタクシーの無許可営業に加わった」と述べ、この現象が警察の注意を引き起こし、取り締まりが強化されたと説明。その上で、警視庁交通捜査課が先日逮捕した中国籍の男について、同課が「容疑者は中国人ドライバー約50人を管理。グループの年間売り上げは約1億2500万円に上るとみられる」としたことを伝えた。

記事はまた、今年8月に報じられた埼玉県在住の中国人の男の逮捕や、中国の配車アプリの関連会社前代表がタクシー営業できる緑ナンバーの車両を白タク運転手に貸して逮捕された昨年3月の事件についても説明した。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)