国慶節休暇中の訪台中国人旅行者が過去11年で最低に―中国メディア

国慶節休暇中の訪台中国人旅行者が過去11年で最低に―中国メディア

11日、新華社は、国慶節休暇中の訪台中国人旅行者が過去11年で最低になったと伝えた。写真は台北。

2019年10月11日、新華社は、国慶節休暇中の訪台中国人旅行者が過去11年で最低になったと伝えた。

記事は、台湾当局の統計を基に、10月1日から7日までの中国国慶節期間中に訪台した中国人は1日平均3470人で、これまでと比べて3分の1にまで減少し、過去11年間で最低になったと伝えた。

台湾で民進党政権発足後、中台関係は冷え込み、訪台中国人観光客が減少。記事は、「今年の国慶節休暇は閑古鳥が鳴いている状態だ」とし、「9月には、1日平均1208人で、最も少ない日には528人しかいなかった」と紹介。1カ月全体では約4万人で、2009年12月以来、単月としては最低となったという。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)