相次ぐ自殺、韓国の芸能人は「危険な職業」に?―中国メディア

相次ぐ自殺、韓国の芸能人は「危険な職業」に?―中国メディア

中国のポータルサイト・捜狐に17日、韓国の女性アイドルグループf(x)の元メンバー・ソルリさんの急逝を受けて、「韓国で芸能人という職業は危険」とする記事が掲載された。

中国のポータルサイト・捜狐に17日、韓国の女性アイドルグループf(x)の元メンバー・ソルリさんの急逝を受けて、「韓国で芸能人という職業は危険」とする記事が掲載された。

ソルリさんの死をめぐっては、自殺の可能性が報じられている。記事は「ソルリさんはf(x)在籍時、清純で甘いルックスと澄んだ歌声で人気を博していた。しかし15年にグループを脱退し女優として活動するようになってからは悪質なネットの書き込みに悩まされていた」などと説明した。

これまで韓国では、05年には女優のイ・ウンジュさんが、09年には女優のチャン・ジャヨンさんが自殺するなど芸能人の自殺が後を絶たない状況が続いている。

記事では「05年から今まで、韓国で自殺した芸能人は30人を超える。芸能人は危険な職業となってしまったかのようだ」と伝えられている。その上で「韓国の芸能人は仕事において事務所に絶対服従を強いられるばかりか、私生活にも介入される。芸能人の育成コストを回収するために事務所と芸能人は往々にしてひどい契約を結ぶ。芸能人には小遣い程度の給与しか支払われず、研修期間中は厳しく地獄のような訓練を受ける」などと報じた。

韓国で1年ほど研修生を経験した中国の女優リー・フェイアル(李菲兒)は、些細なミスで5、6時間にわたってひざまずかせられたことや、鼻を高くする整形手術を受けるよう事務所に要求されたことなどを明かしているという。

また、記事は「韓国のエンターテインメント業界のアップデートは非常に早い。新グループが次々と登場し、長く芸能界で活躍していたソルリさんも心理的なプレッシャーは大きかったのではないか」としている。

記事は最後に、「ソルリさんが来世で楽しく生きられ、平凡なチェ・ジンリ(ソルリさんの本名)さんとして生きられることを願う」と故人へのメッセージをつづった。(翻訳・編集/和田)

関連記事(外部サイト)