ジェット・リー娘がパリで社交デビューへ!良家の令嬢が集まる「バル・デ・デビュタント」

ジェット・リー娘がパリで社交デビューへ!良家の令嬢が集まる「バル・デ・デビュタント」

アクションスターのジェット・リーの19歳になる娘が、良家の令嬢の社交デビューの場となる「バル・デ・デビュタント」(Bal Des Debutantes)に参加することになり、ドレス姿も話題になっている。

アクションスターのジェット・リー(李連杰)の19歳になる娘が、良家の令嬢の社交デビューの場となる「バル・デ・デビュタント」(Bal Des Debutantes)に参加することになり、ドレス姿も話題になっている。

良家の令嬢が社交デビューするかつての行事をパリで再現した「ル・バル・デ・デビュタント」は、1991年にスタートした世界が注目するイベント。毎年20人余の令嬢が選ばれ、過去には英ダイアナ妃のめいで、モデルとしても活動するレディ・キティ・スペンサーもここで社交デビューを果たした。

11月末に開催される今年の「ル・バル・デ・デビュタント」に、19歳になったジェット・リーの娘ジェーンさんも選ばれたことが分かった。ジェーンさんは00年、女優ニナ・リー(利智)との間に誕生した第一子で、ジェット・リーにとっては三女となる。このほどインスタグラムでドレスを試着した時の写真を公開し、大きく成長した姿が注目されている。

なお、今年の「ル・バル・デ・デビュタント」には、香港の女優チンミー・ヤウ(邱淑貞)の長女で、18歳になる沈月さんも選ばれたことが分かり、さらに話題を添えている。99年に実業家と結婚して引退したチンミー・ヤウだが、01年に誕生した沈月さんは以前から、母親によく似た美貌でも知られており、同じくこのほどSNSで美しいドレス姿を公開している。

今年の「ル・バル・デ・デビュタント」には香港スターのまな娘2人のほか、スペインの歌手フリオ・イグレシアスの双子の娘ビクトリアさんとクリスティーナさんも選ばれている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)