川崎重工と中国COSCO共同運営の造船所がばら積船引き渡し、その他

川崎重工と中国COSCO共同運営の造船所がばら積船引き渡し、その他

川崎重工は29日、中国遠洋海運集団(COSCO)と共同運営している造船所のNACKSが29日、ばら積運搬船「グレイモス」(写真)を引き渡した。

川崎重工と中国COSCO共同運営の造船所がばら積船引き渡し / 第一三共ヘルスケアが中国で「トランシーノ薬用スキンケアシリーズ」販売 / インアゴーラが富山第一銀行の取次パートナーに / トレンドExpressが日本郵政キャピタルなどから7億円の資金調達 / はちみつのHACCIが美容品で中国進出

●川崎重工と中国遠洋海運集団が共同運営の造船所がばら積船引き渡し
川崎重工と中国遠洋海運集団(COSCO)が共同運営している南通中遠海運川崎船舶工程(NACKS、所在地・中国南通市)が29日、GRAMOS NAVIGATION SAに61型ばら積運搬船「GRAMOS(グレイモス)」を引き渡した。川崎重工業が29日付で発表した。

川崎重工としては第8041番船、NACKSとしては第288番船。同船の総トン数は3万4584トンで載貨重量は6万1171トン。

●第一三共ヘルスケアが中国で「トランシーノ薬用スキンケアシリーズ」を販売
第一三共ヘルスケアは29日、第一三共(中国)投資を通じて、薬用化粧品「トランシーノ薬用スキンケアシリーズ」の中国での販売を11月1日に開始すると発表した。

 同シリーズは、第一三共が医療用医薬品として開発した成分のトラネキサム酸を美白有効成分として配合している。海外展開は2013年から販売している韓国に続き、中国が2カ国目。

●インアゴーラが富山第一銀行の取次パートナーに、県内企業の中国向けECなど支援
中国消費者向け日本商品越境ECの「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラは29日、同日付で富山第一銀行と取次パートナー契約を締結し、富山県内企業の中国向け越境ECおよび中国市場への進出をサポートすると発表した。

●トレンドExpress、シリーズBラウンドで日本郵政キャピタルなどから7億円の資金調達
トレンドExpressは29日、シリーズBラウンドで7億円の資金調達を行うと発表した。日本郵政キャピタルのほかに、既存投資家である米系VCのDNX Venturesをはじめとした複数の投資家が資本参画する。過去累計の調達額は12億8000万円になるという。

トレンドExpress中国を中心とする消費者ビッグデータをベースにクロスボーダーマーケティングや越境EC事業を行っており、調達資金によって新規プロダクトの開発や人員強化、越境EC事業の加速、M&Aなどを推進する。日本郵政グループとの事業連携も図り、事業拡大につなげる考えだ。

●はちみつのHACCIが美容品で中国進出、RayJapanと戦略提携
はちみつ関連商品を手掛けるHACCIが、海外事業の一環として中国に進出する。自社媒体やSNSなどを利用した売買とプロモーションを融合させ、ECと一般貿易の相乗効果による対中ビジネスを手掛けるRayJapanと戦略提携した。

28日には、上海市内で「新製品発表会およびT−モール旗艦店発売イベント」を開催。新スキンケアライン「HACCI発酵液」を発表し、HACCIが中国に正式上陸する意思を表明した。(翻訳・編集/如月隼人)

関連記事(外部サイト)