【CRI時評】中国は開かれた世界経済構築の有力な推進者

【CRI時評】中国は開かれた世界経済構築の有力な推進者

 最近中国商務部研究院が発表した『中国開放発展報告2019』は、中国が吸収した外資と対外直接投資が世界第二位であると明らかにしている。国連貿易開発会議(UNCTAD)のレポートは、2019年上半期、中国が引き続き世界第二位の外資流入国であると指摘している。絶えず開放を進める中国は...

 最近中国商務部研究院が発表した『中国開放発展報告2019』は、中国が吸収した外資と対外直接投資が世界第二位であると明らかにしている。国連貿易開発会議(UNCTAD)のレポートは、2019年上半期、中国が引き続き世界第二位の外資流入国であると指摘している。絶えず開放を進める中国は自らに発展をもたらしただけでなく、世界にとっても巨大なチャンスをもたらしている。

 開放は現代中国を表す明確な標識である。中国はある面では、対外貿易の促進や大量の外資取り込みなどの一連の対外開放措置を通じて自国経済の飛躍的な発展を促進したが、別の面では、中国の開放水準が絶えず拡大していることが全世界の経済成長を促進している。2006年以降、世界経済の成長に対する中国の貢献率は安定して世界最大だ。

 貿易保護主義と一国主義の逆風に直面している中、中国が自国の経験と成果によって、「グローバル化の潮流は遮ることができないものであり、開放によってのみ発展が可能なこと。開放された中国は一貫して開かれた世界経済構築の有力な推進者だ」と語りかけている。(CRI論説員)

関連記事(外部サイト)