嵐がウェイボー開設、2020年中に北京で公演、中国のファンから「大号泣」の声

嵐がウェイボー開設、2020年中に北京で公演、中国のファンから「大号泣」の声

3日、新浪娯楽は、ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ・嵐が中国版ツイッター・ウェイボーのアカウントを開設するとともに、来年北京でコンサートを行うことを発表したと報じた。写真は嵐公式ウェイボーから。

2019年11月3日、新浪娯楽は、ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ・嵐が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウントを開設するとともに、来年北京でコンサートを行うことを発表したと報じた。

記事は、3日に開通した嵐の微博アカウントの初書き込み内容について、「私たちはWeiboを使い始めました。みなさんとこれまでよりももっと近くで、素早くコミュニケーションや交流をするためです。みなさん、フォローしてくださいね」という中国語のメッセージだったと紹介した。

同アカウントはその後新曲のMV紹介や、20年に及ぶ嵐の活動を振り返る動画を掲載している。プロフィール欄の生年月日は、嵐が結成された1999年9月15日だ。

初ツイートには12万件を超える「いいね」が付けられ、2万件を超える祝福コメントが寄せられており、中国における嵐の人気ぶりをうかがわせる。

中国のネットユーザーは、北京でのコンサート開催について「コンサートには絶対行く。チケットの取り方を教えて」「生きているうちに、ついにこの日がやってきた!」「これ以上ない期待感」「コンサートのために、日本語を勉強し続けよう」「もう9年ファンをやっている私、大号泣」「2008年の上海コンサートを逃して、もう何年も日本のコンサートを聞きに行きたいと思っていたから大感激」といった感想を残している。

また、「ダフ屋行為や盗撮、その他迷惑行為はやめようね」など、混乱によってコンサートが中止にならないよう、秩序を保つことを呼びかけるファンも多く見られた。

このほか「嵐はもうすぐ解散するのでは?」「来年末だよ」「解散じゃなくて活動停止だよ」、「見た目が老けたね」「そりゃそうだよ、20年もやってるのだから」といったやり取りも見られた。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)