CMG広東・香港・マカオグレーターベイエリアセンターが運営開始

CMG広東・香港・マカオグレーターベイエリアセンターが運営開始

 チャイナ・メディアグループ(CMG)の広東・香港・マカオグレーターベイエリアセンターが7日、正式に運営を開始しました。これに合わせて、スマートフォン向けのニューメディアプラットフォーム「グレーターベイエリアの声」も同時リリースされました。除幕式には中国共産党中央政治局委員である...

 チャイナ・メディアグループ(CMG)の広東・香港・マカオグレーターベイエリアセンターが7日、正式に運営を開始しました。これに合わせて、スマートフォン向けのニューメディアプラットフォーム「グレーターベイエリアの声」も同時リリースされました。除幕式には中国共産党中央政治局委員である広東省共産党委員会の李希書記が出席し、中国共産党中央宣伝部副部長を務める慎海雄CMG台長や深セン市共産党委員会の王偉中書記と共に除幕を行いました。

 式典では、CMGが制作した超高精細4K生中継映画『此時此刻――国慶70周年盛典』(この瞬間、この時刻・新中国成立70周年祝賀大会)の広東語版フィルムやDVDなどが、香港特別行政区とマカオ特別行政区の教育局や学校に贈呈されました。

 慎台長は挨拶の中で、「広東・香港・マカオグレーターベイエリアの建設は、習近平総書記が自ら計画して働きかけている重要な国家戦略である。CMGはグレーターベイエリアのPRや報道活動を着実に推し進め、7月に香港・マカオ・台湾番組センターを設立した。また、アジア太平洋ステーションや広東ステーション設立の準備も開始している。そして、深センに広東・香港・マカオグレーターベイエリアセンターならびに「グレーターベイエリアの声」を設置した。これはCMGが党中央の計画を貫き、党と国家の活動に貢献する具体的な取り組みで、広東・香港・マカオ地域に関する報道は新たな段階に入っている」と述べました。

 今年9月に発足したCMG広東・香港・マカオグレーターベイエリアセンターは『グレーターベイエリアの声』などの番組制作・放送のほか、ニューメディア制作などのプラットフォームを持っており、CMGによるメディアの融合と普及を強化するための試みとして設立されました。『グレーターベイエリアの声』は放送開始から2カ月余りの間、新中国成立70周年祝賀大会、武漢で開かれたミリタリーワールドゲームズ、第2回中国国際輸入博覧会などの生放送を実施しています。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)