【CRI時評】「科学技術輸入博」が未来を照らす

【CRI時評】「科学技術輸入博」が未来を照らす

 仏デカトロン社によるICタグ利用のRFIDスマート棚卸ロボット「DE-BAO」、独アリエス社の建設ごみ粉砕装置、米デュポン社の機械防護手袋ーー。第2回中国国際輸入博覧会では、多くの最新ハイテク産品が「世界初公開」あるいは「中国初出展」され、会場での焦点になった。これらは世界の最...

 仏デカトロン社によるICタグ利用のRFIDスマート棚卸ロボット「DE-BAO」、独アリエス社の建設ごみ粉砕装置、米デュポン社の機械防護手袋ーー。第2回中国国際輸入博覧会では、多くの最新ハイテク産品が「世界初公開」あるいは「中国初出展」され、会場での焦点になった。これらは世界の最新科学技術の成果であり、人々の生活を大きく変えるだけでなく、世界経済の成長に新たなエネルギーを注入し、人類の未来を明るく照らすものだ。

 現在、新たな科学技術革命と産業変革は重大な歴史の突破口を開こうとしており、世界経済の新業態や新たな動力が絶えず出現するなどで、科学と経済はまさに深く融合しつつある。輸入博は紛れもなく、一つの重要な実践のプラットフォームだ。第1回と比べ第2回の輸入博では、ハイテク分野がさらに充実した。最先端の大型スマート設備から最高水準の医療機器まで、大量の5G技術関連製品から最新の大気汚染ソリューションまで、最前線の科学術がその姿を競い合い、人々は「未来はもう来た」の感を強くしている。

 このところの一国主義や貿易保護主義の台頭の影響を受け、世界経済への下押し圧力が強まっているだけに、新しい成長点を見出す必要は切迫している。輸入博に出展された各種の突出した製品が、世界経済に新たな成長のエネルギーをもたらすことは間違いない。知識や技術、人材などのイノベーションをもたらす要素の流れを制約する障壁を打破し、イノベーション面での協力と成果の共有を強化し、知的財産権の保護を強化することで、「科学技術輸入博」は人々に、さらにすばらしい未来をもたらす。(CRI論説員)

関連記事(外部サイト)