【CRI時評】輸入博、3つのエネルギーを放出、開放と共同発展を促進

【CRI時評】輸入博、3つのエネルギーを放出、開放と共同発展を促進

 上海で6日間にわたって開かれた第2回中国国際輸入博覧会が10日、閉幕した。181の国・地域と国際機関が参加し、3800社余りの企業が出展。内外から50万人以上のバイヤーが買付や商談に訪れ、累計の成約意向金額は前回比23%増の711億3000万ドルに上った。また第3回輸入博の出展...

 上海で6日間にわたって開かれた第2回中国国際輸入博覧会が10日、閉幕した。181の国・地域と国際機関が参加し、3800社余りの企業が出展。内外から50万人以上のバイヤーが買付や商談に訪れ、累計の成約意向金額は前回比23%増の711億3000万ドルに上った。また第3回輸入博の出展申し込み契約を結んだ企業はすでに230社を超えた。

 輸入博は、商品とサービスの取引を通じて、貿易のグローバル化と世界経済の成長を促した。第2回輸入博の累計成約意向金額の大幅な増加や、国際化・専門性・ハイテクの度合いの高さは、世界経済の成長を後押しする「ブースター」となっていることを示している。

 また、輸入博は、文化と理念の交流を通じて、思想を波打たせ、共通認識を結集し、保護主義に反対し経済グローバル化を支持する強い力を示した。

 輸入博の重要な一部として位置付けられている虹橋国際経済フォーラムでは、世界から招かれた4000人を超える政治・ビジネス・学術界の関係者が共に経済のグローバル化を支持し、多国間貿易体制を維持するために提案・献策した。

 さらに重要なのは、輸入博が世界に向けて「共有」の理念を示し、人類運命共同体の構築における生き生きとした実践となったことだ。その例として、過去2回の輸入博では、後発開発途上国からの出展者に対して、ブース二つを無料で提供し、後発開発途上国を対象とする交流会を多く開催するなど、サービスとサポートを可能な限り提供している。

 「中国市場はこんなに大きい。みなさんのお越しを歓迎します」。2回の輸入博の開催が世界に示したのは、中国の巨大な市場ポテンシャルと力強い消費能力だけではなく、開放の拡大を継続し、経済グローバル化と自由貿易を確固として支持する中国の決意と行動でもある。(CRI論説員)

関連記事(外部サイト)