<コラム>春秋秘話、越王「勾践」が遷都した青島「琅?台」

<コラム>春秋秘話、越王「勾践」が遷都した青島「琅?台」

青島市黄島区から南50km、海沿いにある琅?台(ランヤタイ)は美しい自然に囲まれ、非常に風光明媚な場所だ。「山、海、古、俗、仙、奇、美」が揃った独特の面白さがある。

青島市黄島区から南50km、海沿いにある琅?台(ランヤタイ)は美しい自然に囲まれ、非常に風光明媚な場所だ。「山、海、古、俗、仙、奇、美」が揃った独特の面白さがある。風景区には「琅?台」、琅?台の下にある「龍湾」、琅?台を取り巻く「沿海風景帯」、琅?台の前には「斎堂島」という見所がある。琅邪台には「望越楼」・「御路階段」・「徐福殿」・「観龍閣」などの歴史遺跡物がある。

「琅?台」は2200年以上の昔、古代人が琅?山に土を60m押し固めて築いたもので、三面を海に囲まれ台のような形をしているため、琅?台と呼ばれた。海抜183mであるが、元々は60m低かったことになる。琅?台前の古琅?港は秦皇島・芝罘(煙台)・会稽(紹興)・寧波とあわせ中国五大古港の一つである。古琅?港は中国古代海港として最初のもので、軍港としても当時最大規模であった。また秦の方士「徐福」が数千の少年少女を率い、不老長寿の薬を求めて日本に渡ったといわれる起港地でもある。つまり中国海洋文明の出発点とも言えよう(図1)。

秦の始皇帝(紀元前259〜210年)は中国統一後も琅邪郡を置き重要視した(写真1)。港の前にある「斎堂島」は、秦の始皇帝が不老不死を祈願して斎戒を行ったことからこの名が付き、陸地からわずか0.4kmの距離である。島には三つの村落があり、最も豊かなのは「海島村」で、始皇帝の母もこの島にあった「娘娘堂」と呼ばれる寺院に住んでいたという。

越王「勾践」(?〜紀元前465年)は、春秋五覇の一人に数えられた春秋後期の人物である。有能な宰相「范蠡」の補佐を得て、当時江南で強勢を誇っていた呉王「夫差」を現在の蘇州市南西部にある霊岩山(姑蘇山)で自害させ、呉を滅ぼした(紀元前473年)。かつて勾践は会稽山で宰相「范蠡」の進言に従い呉王「夫差」(?〜紀元前473年)に和を請い、夫差は伍子胥の猛烈な反対を押し切って和を受け入れた(紀元前494年)。勾践は呉に赴き夫差の召し使いとして仕えることになったが、范蠡の工作で程なくして越に戻った。勾践はこの時の悔しさを忘れず、部屋に苦い肝を吊るして毎日のようにそれを舐め、呉に対する復讐を誓った。これを「会稽の恥」と言う。

呉を滅ぼした越王「勾践」は黄海を望む琅?台に観台を造り、紀元前472年に諸侯と徐州(山東滕州の南)で会盟を行った。勾践は首都を会稽から琅?台に移して、ここに覇業的基地を造り、その後8世代の君主が224年間も続いた。越王は河南省開封近く杞県にあった中華原点である夏国の末裔といわれている。先祖の故郷に近い位置に遷都したとも考えられる。しかし、勾践は遠く離れた南の故郷(会稽)が忘れられず、海辺に近い高台(望越楼)から南の方角を見ていたという。望越楼に登ると、そこにはブロンズ製の勾践像が南向きに置かれていた(写真2左)。越の国は遠く霞の中にあり、眼下には琅?港と斎堂島が見えた(写真2右)。そして、勾践はここ琅?台で亡くなったという。

秦の始皇帝は六国を討伐平定して中国統一を完成させた。その後5回全国巡遊し3回琅?を訪れ、そのうち1回は3カ月ほど滞在したと「史記秦始皇本紀」に記されている。3回とは、紀元前219年・218年・210年であった。最後の訪問は死の直前紀元前210年で、5回目の南巡の途中であった。姑蘇「呉」の直後に琅?を訪れ、山東「芝罘」から「平原」を通過、河北省「平郷県」(現在の?台市)で亡くなったという。ついに徐福の不老不死の仙薬は間に合わなかった。

漢武帝もまた3回ここを巡遊している。また漢の宣帝・明帝などの帝王も琅?台に登った。唐時代は李白や白居易など多くの詩人も訪問している。

関連記事(外部サイト)