日中ファンへの待遇差がひどい?テイラー・スウィフトのインスタに中国ファンが不満

日中ファンへの待遇差がひどい?テイラー・スウィフトのインスタに中国ファンが不満

このほど日本と中国を続けて訪問した米女性歌手テイラー・スウィフトだが、「日中でファンへの待遇が違う」と中国のファンから不満の声が上がっている。

このほど日本と中国を続けて訪問した米女性歌手テイラー・スウィフトだが、「日中でファンへの待遇が違う」と中国のファンから不満の声が上がっている。

アルバム「Lover」のプロモーションのため日本を訪れていたテイラー・スウィフトは、続いて中国入り。10日夜は「独身の日」を祝うアリババ・グループ主催のショッピングイベント「天猫双11狂歓夜」に出演し、翌日には広東省広州市でファンイベントを開催している。

テイラー・スウィフトは日本滞在中、出会ったファンとの写真や、出演した情報番組の人々との写真をインスタグラムに何枚もアップ。「カワイイ」といった日本語を披露したり、「TOKYO」と地名をきちんと書き込んでいたり、心から楽しんでいる様子を見せた。

しかし中国入りした後、最初の1枚はイベント出演前に撮ったと思われる自分だけの写真に、「ここの更衣室は最高」という言葉を添えただけ。中国のファンとの写真は、24時間で自動的に消えるストーリーの中にも登場せず、「謝謝」(ありがとう)といったごく短いフレーズの中国語さえ披露することもなかった。

こういった日中のファンへの待遇差に「日本ではあんなにフレンドリーだったのに」「かなりの差別だ」と、中国のファンからは不満と失望の声が大きい。こういった声に対し、「中国はセキュリティーが厳重すぎて、ファンと写真撮影さえできなかったからだ」「中国ではインスタグラムが使えないし、彼女は中国版ツイッターをやってないからこうなった」などといった理解する声も上がっている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)