<サッカー>香港サポーターがまた中国国歌にブーイング、試合中に「黙とう」も―中国メディア

<サッカー>香港サポーターがまた中国国歌にブーイング、試合中に「黙とう」も―中国メディア

14日に行われたサッカーのW杯アジア2次予選の香港対バーレーンの試合で、香港サポーターが自国の国歌にブーイングを送った。Hong Kong vs Bahrain / FIFA World Cup Qatar 2022 Qualification。

中国メディアの海外網は14日、同日に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選の香港対バーレーンの試合で、香港サポーターがまたしても自国の国歌にブーイングを送ったと伝えた。記事は「醜態」とも報じている。

同日の試合前の国歌演奏の際、香港チームの国歌として演奏される中国国歌に香港サポーターからブーイングが飛んだ。記事はこのほかにも、「スタジアムに政治を持ち込む行為」があったと指摘し、「香港を混乱させる歌やスローガンを歌ったり叫んだりしたほか、さまざまな根拠のない標語を掲げた」と伝えた。また、試合の途中には一部のサポーターが「黙とう」をする場面もあったといい、記事は「荒唐無稽なパフォーマンスで試合をジャックした」と評した。

香港メディアによると、試合前にマッチコミッショナーから「国歌にブーイングはしないように」との通知があったが効果はなかった。ハーフタイムには、政治的な横断幕を没収しようとした警備員とサポーターが小競り合いを起こす場面もあったという。なお、試合は0-0で引き分けた。

香港代表のサッカーの試合では、ほぼ毎回、中国国歌に対するブーイングが起きている。今年9月10日に行われたイラン戦でのブーイングなどについて、スタジアムでの政治的な主張を禁じている国際サッカー連盟(FIFA)は、香港サッカー協会に対して1万5000スイスフラン(約160万円)の罰金を科した。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)