【CRI時評】自信と行動でBRICSとの協力強化をリード

【CRI時評】自信と行動でBRICSとの協力強化をリード

 中国の習近平国家主席はブラジル現地時間の13日、新興5カ国(BRICS)商工フォーラムの閉幕式で演説し、企業が自身を持てば市場に活力が出ると指摘した。BRICS諸国との新産業革命パートナーシップは次の段階のBRICS諸国との経済協力の重要な出発点となる。 現在、経済のグローバル...

 中国の習近平国家主席はブラジル現地時間の13日、新興5カ国(BRICS)商工フォーラムの閉幕式で演説し、企業が自身を持てば市場に活力が出ると指摘した。BRICS諸国との新産業革命パートナーシップは次の段階のBRICS諸国との経済協力の重要な出発点となる。

 現在、経済のグローバル化は逆風にさらされており、保護主義と覇権主義が多国間貿易体制に衝撃を与え、世界経済の減速圧力を加速している。この影響で、BRICS5カ国の経済成長は程度の差はあれいずれも減速している。複雑で困難な課題に直面すればするほど、信念を固め、協力を発展させることによって当面の困難とリスクに対峙する事が必要になる。習近平主席は演説の中で商工界がBRICS諸国との経済協力に勇んで参画し、促進するよう激励したが、これがBRICS諸国に強大な確信を与え、投資、産業振興を刺激し、成長を促進し、雇用の増加に有利に働くことは疑いない。

 BRICS諸国との協力メカニズムの基礎は経済協力だ。現在、新たな科学技術革命と産業変革のエネルギーが徐々に解き放たれており、BRICS諸国に新たな経済成長のポイントを開拓し、飛躍的な発展を実現するための重大なチャンスを提供している。現在、BRICS諸国は産業用インターネット、人工知能、ネットワークと情報セキュリティーなどの分野ですでに一連の認識を共有し、協力を推進している。

 今回のBRICS商工フォーラム閉幕式での演説で、習主席は、企業協力と新産業革命パートナーシップを結びつけ、イノベーション、デジタル経済、グリーン経済などの分野でより多くの素晴らしい成果を勝ち取らねばならないと強調したが、これはBRICS諸国との次の段階の経済協力の重点と方向を示したものであることは疑いない。「BRICS新産業革命パートナーシップ」はまさに経済成長、政治的安定、人文協力に次いでBRICS諸国との協力を支える第四の柱となりつつあり、また南南協力に新たなパワーを注ぐものだ。

 幕を閉じたばかりの第2回中国国際輸入博覧会でのBRICS諸国は「極めて潤沢な」成果を上げた。例えばブラジルの出展者の成約高は前回の3.6倍であり、ロシアの出展企業の成約高は前回より74%増加した。インドは出展した国々の中で成約高の増加幅が最も高かった。

 「中国の発展は世界のチャンス」であり、これはBRICS諸国との協力の最初の「バラ色の十年」で十分に検証されている。次なる「バラ色の十年」が始まるに当たり、中国は引き続き智慧による貢献を掲げ、開放、革新の実際的な行動で、BRICS諸国との協力がいっそうの成果を上げることを手助けしていく。(CRI論説員)

関連記事(外部サイト)