【CRI時評】中国の提案、BRICSの質の向上に助力

 ブラジルの首都ブラジリアで14日、2日間に渡り開催されたブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国(BRICS)首脳会議が閉幕した。中国の習近平主席は公開会議の場で「手を携え、協力の新たなページを共に描く」と題した演説を行い、世界経済の発展と国際構造の変化を深く分析し、BRICS五カ国がこの重要な時期に引き受ける責任についての三つの提案をし、多国間主義の維持および新興市場国家と発展途上国の共通利益について積極的なシグナルを示した。

 習主席はBRICSについて三つの分野で果たすべき責任があるとして、一連の政策主張を論じ、大国の指導者としての国際構造や発展の大勢に対する深い洞察を示し、BRICS五カ国の協力方向を深く指し示し、新たな行動案を提供した。

 習主席は、BRICSのような新興市場国の発展にとって、「平和で安定した安全環境」の構築がとりわけ重要と論じ、次に「オープン・イノベーションの発展ビジョンの追求」が、BRICSの国民大衆の幸福につながると主張した。まさに習主席が語ったように、発展こそが「絶対の道理」だ。現代という時代が抱える多くの問題の根源をたどれば、発展の不均衡と不十分さが原因になっている。習主席は、BRICS五カ国は新工業革命についてのパートナーシップを深く推進し、貿易と投資、デジタル経済、インターコネクションなどの分野で協力の成果をだし続け、質の高い発展の実現に努力するよう呼びかけた。

 国の交わりは、国民が親しく交わり合うことが根本だ。「互いに学び合い互いに鑑とする人的・文化交流」は、BRICSの協力を安定させ長期継続させるための民意の土台となる。習主席は演説で論をさらに進め、「BRICS+(プラス)」の協力をプラットフォームとして、異なる文明や異なる国家の交流と対話を強化し、BRICSの「モーメンツ」を広げていかねばならないと主張した。これは、BRICSの協力の開放性と包容性を強く示すものだ。

 BRICS五カ国の協力の「第2の黄金の十年」は、その質が更に向上し、自らに幸せをもたらし、世界に恩恵を与えるだろう。(CRI論説員)

関連記事(外部サイト)