AKIRAと結婚式目前のリン・チーリン、台南市が心温まる「嫁入り道具」を用意

AKIRAと結婚式目前のリン・チーリン、台南市が心温まる「嫁入り道具」を用意

台湾の女優リン・チーリンとEXILEのAKIRAが結婚式を挙げる予定の台南市から、2人の末永い幸せを願って心づくしの嫁入り道具が用意されている。

台湾の女優リン・チーリン(林志玲)とEXILEのAKIRAが結婚式を挙げる予定の台南市から、2人の末永い幸せを願って心尽くしの嫁入り道具が用意されている。

今年6月に結婚を発表した2人は今月17日、リン・チーリンの父方の出身地である台南市で結婚式&披露宴を行う。2人のめでたい日に合わせて、台南市では夫婦の幸せを願って用意した「嫁妝一牛車」と呼ばれる嫁入り道具を用意。その中身をメディアに向けて公開している。

「嫁妝一牛車」とは、かわいい娘に精いっぱいの物を持たせて送り出す両親の愛がこもった台南の伝統。台南市の黄偉哲(ホワン・ウェイジャー)市長によると、市内から特産品12品を厳選し、これは1年12カ月の毎月を安泰に送れるようにとの願いがこめられたもの。いずれも生活に密着した食品や日用品といった素朴な品ばかりで、市内・後壁の特産米をはじめ、醤油や塩、竹炭や木工品などを用意。日本人である新郎の一家に、台湾の温かい人情味を味わってもらいたいとの思いもあるという。

なお、台湾メディアでは結婚式の場所を台南市に決めた背景には、母親を思うリン・チーリンの気遣いもあると報道。リン・チーリンの母親については2015年、アルツハイマー病ではないかと報じられ、通院する姿も目撃されていた。それだけに両親が結婚式を挙げた台南市で、当時を懐かしんでもらいたいとの思いがあるのではないかと指摘されている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)