中韓の学生が香港問題で対立、中国外交部は3点を強調

中韓の学生が香港問題で対立、中国外交部は3点を強調

18日、環球網は、韓国の大学で韓国人学生と中国人留学生が香港問題でいさかいを起こしたとされることについて、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官のコメントを報じた。

韓国の大学で韓国人学生と中国人留学生が香港問題でいさかいを起こしたとされることについて、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は18日の定例記者会見で韓国メディアの質問に返答した。

韓国の漢陽大学キャンパス内で韓国人学生と中国人留学生が香港問題をめぐって言い争いを起こした件について韓国メディアから見解を問われた耿報道官は、「近ごろ韓国を含む外国の一部都市にて、海外の華僑・華人や中国人留学生がそれぞれ異なる方式にて祖国統一を支持する決意を表し、香港情勢を注視するとともに、香港の繁栄と安定を守る願いを伝えている」と語った。

そのうえで、「第一に、彼ら(中国人留学生ら)が国の分裂を企て、中国のイメージを悪くする言動に憤慨し、反対するのは当然のことである。第二に、在外中国人は理性を持って愛国の気持ちを表し、自身の身の安全に注意するよう望む。第三に、中国政府は一貫して在外中国人が現地の法律法規を守るよう求めると同時に、各国に対して在外中国人の合法的な活動を尊重、理解し、その権利を保障するよう求めている」と述べた。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)