複数国の元政府要人、香港に暴力と混乱の制止を呼びかける

 チャイナ・メディア・グループ(CMG)は18日、「複数国の元政府要人が中国の立場を支持し、香港に暴力と混乱の制止を呼びかける」という見出しの記事を発表しました。

 香港で連日発生している過激な暴力行為と混乱について、多くの国の元政府要人らが「暴力と混乱を制止するため、いかなる外部勢力の香港問題への干渉にも反対し、中国政府の『一国二制度』の方針に賛同し、これを支持する」と示しています。

 香港では「逃亡犯条例」の改正をめぐる騒動が5カ月あまり続きました。その間、過激な暴徒らが公共施設を破壊し、法治と社会の秩序をひどく踏みにじり、香港市民の安全を危うくし、大学のキャンパスにまで踏み込みました。

 このような悪質な行動は、各国の人々を驚愕させています。複数国の元政府前要人らは、香港在住の各国からの留学生の安否を心配するとともに、警察側の高い自制心とプロフェッショナルな行動を高く評価しました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)