JFEスチールが中国で特殊鋼棒鋼の合弁事業、その他

JFEスチールが中国で特殊鋼棒鋼の合弁事業、その他

JFEスチールは、中国宝武鋼鉄集団傘下の広東韶鋼松山(写真)の100%子会社である宝鋼特鋼韶関の出資持分の50%を譲り受け、韶鋼松山と特殊鋼棒鋼の製造・販売を行う合弁事業を行う。

JFEスチールが中国での特殊鋼棒鋼の合弁事業 / 富士工業が上海大衆ガスと業務提携しレンジフードなど投入

●JFEスチールが中国で特殊鋼棒鋼の合弁事業
JFEスチールと中国宝武鋼鉄集団傘下の広東韶鋼松山は、JFEスチールが広東韶鋼松山の100%子会社である宝鋼特鋼韶関の出資持分の50%を譲り受け、広東韶鋼松山と特殊鋼棒鋼の製造・販売を行う合弁事業を開始することを決めた。JFEスチールが19日付で発表した。

JFEスチールによると、中国は世界最大の自動車市場であり、今後も高級鋼に対する堅調なニーズが見込まれる。同社はこれまでさまざまな合弁事業を通して、日系自動車メーカーの現地調達ニーズに応えてきたが、中国での高級特殊鋼棒鋼のニーズについては輸出でのみ対応してきた。

しかし一方では日系の顧客の現地調達ニーズもあり、特殊鋼棒鋼の現地製造・販売について模索していた。宝鋼特鋼韶関への出資に関する入札があり、これに応募・落札したという。

●富士工業が上海大衆ガスと業務提携、レンジフードなど投入
富士工業19日、上海大衆ガスと事業提携契約を締結したと発表した。レンジフードをはじめとする自社の高品質な住宅設備機器を上海市民や中国国民に紹介するという。

上海大衆ガスは、ガス事業において上海エリアでシェア最大の上海ガスの子会社。ガスの販売事業を行っているが、3月からガス機器の取り扱いを本格化したという。(翻訳・編集/如月隼人)

関連記事(外部サイト)