【CRI時評】中国の内政に対する著しい干渉は必ず徒労に終わる

【CRI時評】中国の内政に対する著しい干渉は必ず徒労に終わる

 米国上院は19日、いわゆる「2019年香港人権・民主主義法案」を可決し、国際法と国際関係の基本原則に深刻に違反し、香港の過激な暴力犯罪分子を公然と支援して、中国の内政に著しく干渉している。中国はこれを強烈に非難し、断固反対する。 このところ連日、香港市民は自発的に街に出て道路の...

 米国上院は19日、いわゆる「2019年香港人権・民主主義法案」を可決し、国際法と国際関係の基本原則に深刻に違反し、香港の過激な暴力犯罪分子を公然と支援して、中国の内政に著しく干渉している。中国はこれを強烈に非難し、断固反対する。

 このところ連日、香港市民は自発的に街に出て道路の障害物を取り除き、警察を支持する集会を開き、実際の行動を通じて特別行政区政府と警察に対する支持を表明している。米国の一部が香港の民意の訴えを無視し、香港関連法案の推進に固執して現実の流れに逆らうことが750万香港市民を含む全ての中国人の非難と軽蔑を受けることは必然だ。

 国家の主権、安全、発展利益を擁護し、「一国二制度」の方針を貫徹し、香港問題に対するいかなる外部勢力の干渉にも反対するという中国政府の決意は断固として揺るがない。米国の一部の人間や組織がロング・アーム管轄権の行使を目論んで如何に心を砕こうとも、徒労に終わるのは運命だ。(CRI論説員)

関連記事(外部サイト)