「偉大すぎる!」とネットユーザー絶賛、機内で排尿困難になった客を医師が…―中国

「偉大すぎる!」とネットユーザー絶賛、機内で排尿困難になった客を医師が…―中国

中国南方航空の機内で19日、排尿困難になった高齢の乗客を居合わせた2人の医師が救った。手製の装置で自ら尿を吸い出した医師の姿にネットユーザーが称賛の声を寄せている。

中国南方航空の機内で19日、排尿困難になった高齢の乗客を居合わせた2人の医師が救った。手製の装置で自ら尿を吸い出した医師の姿にネットユーザーが称賛の声を寄せている。

中国紙・広州日報が20日伝えたところによると、この出来事は広州から米ニューヨークに向かうCZ399便の機内で起きた。事態を告げる機内放送を聞いた医師の張紅(ジャン・ホン)さんと肖占祥(シャオ・ジャンシアン)さんは乗客のもとに駆け寄り、「一刻も早く尿を出さなければ膀胱が破裂する恐れがある」と判断。肖さんが酸素マスクの管や注射器の針などを使って装置を作り、張さんが休むことなく40分近くにわたって尿を吸い出したおかげで乗客は危機を脱したそうだ。

その後の取材で「なぜ、少しもためらうことなく尿を吸うことができたのか」という質問を受けた張さんは「当時は緊急を要する状況でした。もっと良い方法がすぐには思い浮かばなかった。苦しむお年寄りを見てただ助けたいと思っただけです。なすべき職務です」とコメントしたという。

これに対し、ネットユーザーからは「偉大すぎる!」「親子でもなかなかできないことなのに。本当に素晴らしい」「こういう医師がいることに感謝」などの声が上がっている。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)