<サッカー>リッピ氏「中国は勝ち上がっても日韓豪にのみ込まれる」

<サッカー>リッピ氏「中国は勝ち上がっても日韓豪にのみ込まれる」

22日、網易体育によると、カタール・ワールドカップアジア2次予選のシリア戦後の会見で2度目の中国代表監督退任を表明したリッピ氏が、イタリアメディアに対して中国代表監督再就任劇の背景について語った。資料写真。

2019年11月22日、網易体育によると、カタール・ワールドカップアジア2次予選のシリア戦後の会見で2度目の中国代表監督退任を表明したマルチェロ・リッピ氏が、母国イタリアのメディアに対して中国代表監督再就任劇の背景について語った。

記事によると、イタリアメディアの取材にリッピ氏は「中国の首脳がイタリアを訪問した際、政府当局やマッタレッラ大統領を通じて『また中国代表監督に戻ってきてほしい』と言ってきた。そんな話を拒否するのは難しかった。ちょっと考えさせてくれと言ったが、ほどなくして説得しにやってきた。だから再び中国代表監督にチャレンジすることにした」と語った。

リッピ氏は「だが、契約してから私は自信を持てなかった。今年(のW杯アジア2次予選)では非常にいい組に入ったが、そこを勝ち進んだとしても来年には韓国、オーストラリア、日本のいずれかと同じ組に入り、彼らは中国をのみ込んで上に進むことになるだろう。だから、私はもう金を盗むようなことはしたくなかった。私はこのチームに大きな自信を持っていない。それゆえ私は、そもそも勝利の代価にならない金を放棄することに決めた」と述べたという。

リッピ氏の発言について、中国のネットユーザーは「要は、中国代表はどうしようもないってことだよね」「名将でさえさじを投げる中国代表は、もはやこの地球において救いようがない存在」「お金をもらえたとしても名誉に傷をつけるような仕事はやらないということだ」といった感想を残した。

また、「韓国や日本が出てくる前に、イラクやシリアでも十分のみ込まれる」「いや、タイやカンボジアにだってのまれる」「正直なところ、サポーターたちも自信を持てなくなっている」などと皮肉めいたコメントも寄せられている。

さらに、「問題は、中国代表が弱い理由についていまだに指導者の問題と考えていることだ」「現実を直視してしっかり練習せよ。そして青少年の育成に力を入れよ」など、中国サッカー界に対する要望も出された。

一方で、「自分の采配に問題がなかったと思っているらしい」「自分だって最初はお金目当てだったんでしょ」「そんなに言うなら、すでにもらったお金も返したらどうか」など、リッピ氏に対する批判的な意見も見られた。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)