CMGラジオ局、香港は米政治家によるショーの舞台ではない

 米上院がこのほど、「香港人権・民主主義法案」を可決したことを受け、中国人民は断固として反対とする強い非難を示すとともに国際世論は騒然としています。一部の有識者は、「米政治家のやり方は香港問題で中国を抑制するほか、香港をショーのステージにしようとしている。しかし、このみっともないショーは中国人にとって何の役にも立たず、自己欺瞞に過ぎない」と示しています。

 実際のところ、米政治家のこのようなやり方はすでに数多く繰り返してきた過去があります。彼らは世界をステージにし、隙あらば利益を取ろうとしています。

 現在、米政治家は香港情勢が複雑の時に法案をもって、「民主」と「人権」を口実に自分のショーをしています。しかし、ここにおける「民主」と「人権」が守ろうとするものは焼夷弾、黒いマスクなど、民主、人権とかかわるものは一つもありません。

 香港は決して米政治家の舞台ではないことを強調する必要があります。米国の法案は中国の内政に干渉することの証拠であり、米政治家が中国に使った方法は手が及ばないことを意味しています。

 「香港は従来から中国の領土であり、米政治家の舞台ではない。場所を間違えれば、きっと茶番劇になるに違いない」とここで改めて強調します。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)