【CRI時評】火事場泥棒のように香港を乱すのは愚かな妄想だ

 米国連邦議会は最近、「2019年香港人権・民主主義法案」を可決することで、あからさまに過激な犯罪分子の肩を持ち後押しし、中国の内政に粗暴に干渉した。その魂胆は極めて邪悪で、民意の大勢に背くものであり、目的を達することはありえない。

 下心ある米国の政治家がまず「計算」したのは、香港の過激な暴力犯罪分子に、いわゆる「強心剤」を打って、香港を乱し破壊する行為を続けさせることだ。次の「計算」は、香港の安定を維持する人に打撃を与え、「一国二制度」の破壊を狙うという、さらに愚かな妄想だ。3番目の「計算」とは、香港事情に手を出すことで中国につけこんで、中国の発展を阻止することだ。香港のユニークな経済や貿易上の地位は、香港基本法により付与されたものであり、米国の「恩賜」によるものではない。中国の発展、中華民族の振興、中国国民の幸福は、苦難を乗り越えた自らの奮闘により実現したもので、やはり米国の「恩賜」ではない。火事場泥棒のように香港をかく乱するのは、愚かな妄想だ。米国の一部政治家には、賢いつもりになって手練手管を繰り出さないようご忠告申し上げる。そんなことをしていれば、逆に自らが火だるまになって引き下がることになるだけだ。(CRI論説員)

関連記事(外部サイト)