キリンHDが豪州飲料事業を中国・蒙牛乳業に売却、その他

キリンHDが豪州飲料事業を中国・蒙牛乳業に売却、その他

キリンホールディングスはオセアニアでの飲料事業を、中国蒙牛乳業の子会社に譲渡する。写真は内モンゴル自治区フフホト市にある蒙牛乳業の本社。

キリンHDが豪州飲料事業を中国・蒙牛乳業に売却 / 川崎重工と中国COSCO共同運営の造船会社がばら積み運搬船を引き渡し / I-neの「ボタニスト」と「サロニア」がTmallに旗艦店出店

●キリンHDが豪州飲料事業を中国・蒙牛乳業に売却
キリンホールディングスはオセアニアで総合飲料事業を手掛けるLion(ライオン)の飲料事業部門であるLion-Dairyの全株式を、中国蒙牛乳業の子会社であるMonday Smoothieに譲渡することで、蒙牛と契約を締結した。25日付で発表した。

譲渡する株式は、飲料(牛乳)、入院料、ヨーグルト、果汁飲料、氷菓に関するもので、譲渡価額は約456億円。オーストラリア当局の承認が必要なこともあり、すべての手続きが完了するのは2020年上半期中という。

蒙牛の本社は内モンゴル自治区フフホト市。設立は1999年で2018年売上高は前年比14.66%増の689億7700万元(約1兆700億円)

●川崎重工と中国COSCO共同運営の造船会社がばら積み運搬船を引き渡し
川崎重工は25日、同日付で中国遠洋海運集団(COSCO)と共同運営している大連中遠海運川崎船舶工程(DACKS)で、WISDOM MARINE LINES S.A向け61型ばら積み運搬船「AMIS STAR」(川崎重工第8039番船/DACKS第DE064番船)を引き渡したと発表した。

同船の総トン数は3万4657トンで、載貨重量は6万1123トン。穀類、石炭、鉱石、鋼材などの貨物を搭載可能な五つの船倉がある。4基の30トンデッキクレーンを装備しており、荷役設備のない港湾でも荷役作業が可能。

●I-neの「ボタニスト」と「サロニア」がTmallに旗艦店出店
I-ne(アイネ、本社・大阪市北区)は、同社が展開する植物由来成分配合のスキンケア製品などの「BOTANIST(ボタニスト)」と美容家電ブランドの「SALONIA(サロニア)」が、11月に中国最大級のECプラットフォームのTmall(天猫)へ旗艦店を出店したと発表した。

両ブランドは2017年に中国進出の足がかりとして、越境ECプラットフォーム「Tmall Global」に進出し、堅調に売り上げを伸ばし、中国の小売店や消費者からの連絡が増えた。そのため現地での需要を見据えた中国本格進出を決定したという。I-neは中国本格進出により、グローバル展開を加速させる考えだ。(翻訳・編集/如月隼人)

関連記事(外部サイト)