暴力の制止と秩序回復は香港社会共通の願い=新華社

 新華社は26日、「暴力と混乱の制止、秩序の回復は香港社会の共通の願い」と題した論説文を発表しました。

 文章は、「米議会が可決したいわゆる『香港人権・民主主義法案』に対し、香港各界から批判の声が上がっている。香港にとって急務なのは、早期に暴力や混乱を止め、秩序を回復することだ」と指摘しています。

 また、「香港で5カ月以上続いている過激な暴力犯罪は、法治と社会秩序を著しく踏みにじり、香港の繁栄と安定を大きく破壊し、『一国二制度』の原則に激しく挑戦するものだ。いかなる文明社会、法治社会も暴力を容認しない。『暴力にNO』という正義の声が香港で響き渡っている。中央政府による断固たる支持と14億もの中国人による応援、さらには700万人余りの香港市民の努力により、香港は暴力や混乱を制止する強い力が生まれ、必ず安定を取り戻す」と述べています。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)