CMGラジオ局・大湾区の声 「香港は永遠に中国の香港」と論評を放送

 中央広播電視総台(チャイナ・メディア・ グループ/CMG)のラジオ局「大湾区の声」は26日、「香港は永遠に中国の香港だ」と題する論評を放送しました。この論評は「中国が香港に対する主権の行使を回復してから22年間、香港は植民者からの抑圧を抜け出し、中央政府の支持を得て、中国大陸部と改革開放の成果を分かち合ってきた。共に中華民族の偉大な復興の任務を担い、繁栄と発展を維持している」としています。

 また、「新中国の奮起に対し、米国など西側の政治家は様々な手段で中国を妨げ、香港を乱し、中国をけん制する目的を実現させようとしている。このような企ては必ず失敗する。世界のどこにも、民主の名の下に暴力をふるい、自由の名の下に黒い恐怖を広げることを許す国など一つもない。香港はかねてから中国の香港である。どんな状況にあっても、香港は中国の領土の一部であり、中華人民共和国の管理下の特別行政区である。『一国二制度』の基本的な枠組みにダメージを与えることは許されず、香港が祖国を離れる可能性もない」と強調しました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)