日本製品不買の韓国で長蛇の列つくったユニクロのヒートテック、中国メディアも注目

日本製品不買の韓国で長蛇の列つくったユニクロのヒートテック、中国メディアも注目

激しい日本製品バッシングが展開されている韓国で無料プレゼントしたところ長蛇の列ができたとして議論を呼んだユニクロのヒートテック。中国でもその機能性は注目されているようだ。写真は中国のユニクロ。

激しい日本製品不買(ボイコット)運動が展開されている韓国で無料プレゼントしたところ長蛇の列ができたとして議論を呼んだユニクロのヒートテック。中国でもその機能性は注目されているようだ。

2019年11月29日、中国網は、ユニクロが中国で「ヒートテック火熱風格之夜」と題したヒートテック販促イベントを実施し、北京や上海など全国各地ごとに、さまざまな年齢層向けのヒートテックによるコーディネートが紹介されたこと、ヒートテックの機能性について紹介する記事を掲載した。

記事は、ヒートテックが「暖かで動きやすいエネルギッシュな冬の日を実現する」とし、保温インナーとしての機能性とファッション性の両立という壁を打ち破ったと紹介。「自ら発熱するというブラックテクノロジー」により「薄いけれど暖かい」を実現、さまざまなバリエーション、デザインと3種類の厚さをそろえたことにより、温度や気分にマッチしたものを気軽に選べるようになったとしている。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)