韓国・ソウルで米国への抗議デモ、在韓米軍の駐留経費負担めぐり―中国メディア

韓国で米国への抗議デモ 在韓米軍の駐留経費負担をめぐり、世論では幅広い不満

記事まとめ

  • 韓国の民衆党が、米国に抗議する集会をソウル市内の駐韓米大使公邸前で開いた
  • 米国が韓国に在韓米軍の駐留経費負担の引き上げを求めており、世論の不満を招いている
  • 20日には、韓国与野党3党の各院内代表が立場を説明するため米国を訪問している

韓国・ソウルで米国への抗議デモ、在韓米軍の駐留経費負担めぐり―中国メディア

韓国・ソウルで米国への抗議デモ、在韓米軍の駐留経費負担めぐり―中国メディア

30日、中国メディアの環球網は、韓国の民衆党が同日、ソウル市内の駐韓米大使公邸前で、在韓米軍の駐留経費の韓国側の財政負担の増加に抗議する集会を開いたと報じた。写真はソウルのアメリカ大使館前。

2019年11月30日、中国メディアの環球網は、韓国の民衆党が同日、ソウル市内の駐韓米大使公邸前で、在韓米軍の駐留経費の韓国側の財政負担の増加に抗議する集会を開いたと報じた。

記事は、この問題をめぐり、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相とポンペオ米国務長官が21日深夜に電話会談し、在韓米軍駐留経費の韓国側負担について意見を交わしたこと、また韓国与野党3党の各院内代表が20日、防衛費分担金引き上げに対する韓国側の立場を説明するため米国を訪問したことを紹介し、「米国政府は韓国政府に韓国側負担分の大幅な引き上げを求めており、韓国世論の幅広い不満を招いている」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)