少女を誘拐して不動産の勉強をさせていた男を逮捕!?日本のニュースに中国でも驚きの声

少女を誘拐して不動産の勉強をさせていた男を逮捕!?日本のニュースに中国でも驚きの声

30日、中国メディアの観察者網は、日本でこのほど、少女を誘拐し不動産の勉強をさせていた男が逮捕されたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2019年11月30日、中国メディアの観察者網は、日本でこのほど、少女を誘拐し不動産の勉強をさせていた男が逮捕されたと伝えた。

記事は、埼玉県警が27日、不動産業の阪上裕明容疑者を未成年者誘拐の疑いで逮捕したと発表したことを紹介した。

阪上容疑者は、ツイッターで知り合った家出希望の少女を誘拐し、阪上容疑者が管理する借家を与え、個室や勉強机を用意し、2カ月にわたって不動産などの勉強をさせていたという。阪上容疑者は、「自分の会社の従業員にしたかった」と話しているという。

このニュースに、中国のネットユーザーから「社畜の養成ですか?」「ブラック企業の社畜は子どもの時から育てなければならないほど不足しているのか」「いくら従業員を雇うためとはいえ、これはあまりにやりすぎでしょう」などのコメントが寄せられた。

また、「こんなにも異色な誘拐があるのか」「息子の妻にするために女の子を小さい時から育てるというのは聞いたことがあるが、不動産の従業員を育てるというのは聞いたことがないな」との声もあった。

ほかにも「誘拐者の中のいい人?」「見ろ、高齢化社会の矛盾が露呈しているぞ」「就職前の研修で、宿舎、食事付きで就職もあっせん、しかも無料か」などの意見もあり、多くのネットユーザーがこのニュースに驚いたようである。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)