アメリカは香港干渉をやめるべき=新華社論評

 新華社通信は1日、「米国は人権を建前に香港問題や中国の内政に干渉する慣用手段をやめるべき」と題する論評を掲載しました。論評では「このほど、米国で『香港人権・民主主義法案』が成立したが、これはアメリカの慣用手段であり、人権と民主主義を建前にして覇権主義を貫き、香港の繁栄と安定、『一国二制度』を破壊することにより、中国の発展を阻止しようとする企みにすぎない」と指摘しています。

 さらに、「中国は外部勢力が香港で好き勝手にやることを絶対に許すことはなく、干渉、分裂、転覆、浸透、破壊活動の防止、抑制、反撃するため効果的な措置を講じる。香港問題を利用して中国の発展をけん制し、また中華民族の偉大な復興を阻止しようとするいかなる策謀も必ず失敗するに違いない」と強調しました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)