リン・チーリン、AKIRAとの結婚への道のり語る=きっかけは…

リン・チーリン、AKIRAとの結婚への道のり語る=きっかけは…

先月、台南市でEXILEのAKIRAと結婚式を挙げた台湾の女優リン・チーリンが、ファッション誌のインタビューで結婚までの道のりを語った。

先月、台南市でEXILEのAKIRAと結婚式を挙げた台湾の女優リン・チーリン(林志玲)が、ファッション誌のインタビューで結婚までの道のりを語った。

2人は今年6月に結婚を発表、先月17日に台南市で結婚式と披露宴を行った。2人の出会いは2011年に共演した舞台劇「レッドクリフ〜愛〜」がきっかけ。このほど2人で台湾のファッション誌のインタビューを受けたが、リン・チーリンについてAKIRAは、ほぼ一目ぼれだったことを明かしている。

一方のリン・チーリンは、「レッドクリフ」の難しい日本語セリフに悩んでいる時、常に励ましてくれたAKIRAに好感を持ち、舞台の終了後に相手を意識し始めたとのこと。その後、数年にわたって友人関係にあったが、2人の関係が急展開したのは昨年、リン・チーリンの祖母が他界したことがきっかけだった。

リン・チーリンによると特別な存在だった祖母が亡くなった日、深い悲しみの中で真っ先に脳裏に浮かんだのがAKIRAだった。そこでAKIRAに電話をかけ、祖母のことを話すうちに涙が止まらなくなり、そのまま泣きつかれて眠ってしまったとのこと。目覚めた時、思いがけずまだ電話がつながっているのに気づき、呼びかけるとAKIRAの声が返ってきた。その時に、「この人だ」と確信したことを語っている。

その後、2人は顔を合わせた時にお互いの未来に相手がいることを感じ合い、結婚を決めたという。リン・チーリンはAKIRAについて、「今までの人生で感じたことのない安心感をくれた人」と語っている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)