【CRI時評】中国は貿易強国の建設に向けた堅実な一歩を踏み出す

【CRI時評】中国は貿易強国の建設に向けた堅実な一歩を踏み出す

 中国はこのほど、「貿易の質の高い発展の推進に関する指導意見」(以下「意見」)を発表した。これは、貿易構造のさらなる最適化、貿易の効果と利益の向上、貿易の実力の増強について「トップレベルデザイン」を行い、中国の貿易の質の高い発展の実現に向けた「ロードマップ」を描き、中国を貿易大国...

 中国はこのほど、「貿易の質の高い発展の推進に関する指導意見」(以下「意見」)を発表した。これは、貿易構造のさらなる最適化、貿易の効果と利益の向上、貿易の実力の増強について「トップレベルデザイン」を行い、中国の貿易の質の高い発展の実現に向けた「ロードマップ」を描き、中国を貿易大国から貿易強国へと導くものだ。

 まず、中国の貿易構造はより最適化されることが期待される。中国の商品において労働集約型製品の割合は大きく、貨物貿易の付加価値はさらなる向上が待たれる。

 近年、一部の先進国における不景気の継続と貿易保護主義の台頭により、中国商品の市場シェアのさらなる拡大は挑戦に直面している。この最新の「ロードマップ」によると、中国は、先進エコノミーなどの伝統的な市場の開拓を継続すると同時に、「一帯一路」を共同建設する国々との貿易協力を深めることに注力していく。

 次に、中国の貿易の発展に新たな動力が注ぎ込まれる。新業態の発展を促すことは貿易の新動力を増強するための重要な取り組みだ。サービス貿易の発展を促すこともまた、貿易の新動力を育成する重要な側面だ。

 さらに、中国は発展途上国の代表として、国際貿易ルールの制定により積極的に参加する。西側諸国の主導により制定された世界の経済秩序においては、資本収益が高い反面、労働力収益は低いという局面が長期間存在しており、発展途上国には非常に不公平だ。この政策文書によると、中国は、世界貿易機関(WTO)に対する必要な改革の実施を促し、多国間貿易ルールの交渉に積極的に参加する。これは、貿易ルールに対する西側の独占を打破し、発展途上国がグルーバル・ガバナンス・システムにおいてより多くの発言権を得るのに資するものであり、中国が貿易強国へと向かう上であるべき筋道でもある。

 最後に、中国はよりバランスの取れた貿易システムの構築が期待される。

 貿易の質の高い発展は、中国経済の質の高い発展の内在的要求だ。中国の貿易が「大」から「強」へと実現するための「トップレベルデザイン」として、「意見」の公布と実施は、中国の貿易および経済の高品質で持続可能な発展を促し、不確実で不安定な要素が増加する世界経済にプラスエネルギーを注ぎ込むだろう。(CRI論説員)

関連記事(外部サイト)