日本から中国に送った荷物、漫画「ハガレン」全18巻の9〜17巻がごっそりなくなる―中国メディア

日本から中国に送った荷物、漫画「ハガレン」全18巻の9〜17巻がごっそりなくなる―中国メディア

中国人男性が茨城県から中国の自宅に荷物を送ったところ、届いた荷物の重量が5キロ以上も減っていたことが分かった。

中国人男性が茨城県から中国の自宅に荷物を送ったところ、届いた荷物の重量が5キロ以上も減っていたことが分かった。浙江テレビの番組「1818黄金眼」の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントが3日付で伝えた。

杭州市江干区在住で撮影関係の仕事をしている沈(シェン)さんは、10月初旬に日本を訪れ、書籍(漫画や写真集)やCD、DVDなどを大量に購入。荷物が多かったため、茨城県の郵便局から国際スピード郵便(EMS)で中国の自宅に送った。ところが、受け取って中を調べると、「鋼の錬金術師」の完全版全18巻のうち9〜17巻がごっそりなくなっていたほか、人気アイドルの写真集なども合わせて10冊ほどなくなっていた。無事に届いた荷物の中には、齋藤飛鳥や石原さとみ、広末涼子の写真集や、ロックバンド「FLOWER FLOWER」のCDなどがあった。

沈さんは日本で梱包した際、赤いテープを使っていたが、届いた荷物の赤いテープには破られた跡があり、透明のテープで補強されていた。つまり、どこかの時点で開封されていたことになる。EMSの伝票には総重量が「27.590キログラム」と記されており、発送時の記録として貼られたラベルも「27.6キログラム」だった。しかし、中国郵政の配送センターで貼られたラベルには「重量22.000キログラム」と記されていた。

沈さんが中国郵政に問い合わせたところ、担当者から「おそらく異常な書籍だったため(中国の税関で)没収されたのだろう」という返答があった。しかし沈さんは「もちろん、書籍には一切の問題はなかったと思っています。法律に触れるようなものは買いません。漫画本(鋼の錬金術師)も18歳以下でも読めるものです」と話し、たとえ没収されたとしても通知があってしかるべきと訴えた。

同番組が改めて中国郵政江干区支社の鄭(ジョン)副経理(サブマネージャー)に話を聞くと、「没収した」というのは当時対応した担当者の憶測にすぎないとし、「第一に、税関が荷物を没収したり、内容物について国内への持ち込みが不適切と判断したりする場合、決して数冊だけを抜き取るということはせず、荷物ごと没収する。第二に、仮に没収した場合は受取人に通知が行くはず」と語った。また、荷物が複数の配送センターを経て同支社まで届いていることから、税関がストップをかけた可能性は低いとの考えを示した。

中国のネットユーザーからは「中国郵政が荷物を盗むのは一度や二度じゃない」「中国郵政の窃盗は伝統」「私も日本からの荷物を何度も盗まれている。食べ物とか化粧品とか」といった声が上がった。中国では過去にも中国郵政などの宅配業者が扱う郵便物が配送途中で開けられ、中の物が抜き取られたり破損させられたりする事件が発生している。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)