中国初のスーパーハイビジョン映像音声実験室、上海で始動

中国初のスーパーハイビジョン映像音声実験室、上海で始動

 12月6日、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)によるスーパーハイビジョン映像音声制作放送国家重点実験室が上海国際メディアセンターで始動しました。 中国共産党中央宣伝部副部長であるCMGの慎海雄台長、上海市の応勇市長らが始動式に出席しました。その際に慎台長は...

 12月6日、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)によるスーパーハイビジョン映像音声制作放送国家重点実験室が上海国際メディアセンターで始動しました。

 中国共産党中央宣伝部副部長であるCMGの慎海雄台長、上海市の応勇市長らが始動式に出席しました。その際に慎台長は、「スーパーハイビジョン映像音声制作放送国家重点実験室の始動は、CMGが習近平総書記のメディア融合発展に関する重要な指示精神に基づいて、『5G+4K+AI』と『5G+8K+AI』という発展戦略を推進するものだ。これは大きな影響力を持つ世界一流の新型主流メディアの重要な手段である」と述べました。(hj 星)

関連記事(外部サイト)