ファーウェイがサムスンを超えて世界シェアトップになる見込み―韓国メディア

ファーウェイがサムスンを超えて世界シェアトップになる見込み―韓国メディア

23日、中国・捜狐科技は韓国メディアの報道を引用し、ファーウェイがサムスンを超えて世界シェアトップになる見込みだと伝えた。写真はファーウェイの広告。

2019年12月23日、中国・捜狐科技は韓国メディアの報道を引用し、華為技術(ファーウェイ)がサムスンを超えて世界シェアトップになる見込みだと伝えた。

記事は、「韓国メディアによると、ファーウェイのスマートフォンは中国市場において完全にリードしており、その市場シェアは約50%(Honorブランドを含む)近くに達するが、サムスンは1%前後に過ぎない」と紹介。中国市場でサムスンがファーウェイを再び上回るのはほぼ無理であろうとしている。

この他、韓国のアナリストは、「サムスンはイノベーションを強化し続けるべき。例えばインド市場などの新興市場における地位を固めるべきで、これらの市場をしっかり押さえれば、世界一の位置を保つ助けとなる」との見方を示していると記事は伝えた。

今年の世界的なスマホ市場に状況について韓国の関係者は、「サムスンは出荷台数が3億台を超える見込みで、世界1位を保つ見込み」と述べている。そして「出荷台数の総数でファーウェイより少なくとも5000万台多くなるとみられるが、この差は絶えず縮まっている」と指摘。「ファーウェイが50%以上の成長率を保つなら、遅くても1921年にはサムスンを超える見込みで、中国市場がこの成長速度の最大の助力となっている」と分析した。

その上で記事は、「ある研究調査機構による19年第3四半期の出荷台数報告によると、サムスンの第3四半期出荷台数は世界1位で7890万台となり、シェアは22.4%になった」と紹介。「ファーウェイがその後に続き、シェアは19%、出荷台数は6680万台で前年同期比29%増」と伝え、「両者の出荷台数の差は約1200万台にまで縮まった」と記事は指摘した。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)