韓国人が考える良い仕事の条件は?―中国メディア

韓国人が考える良い仕事の条件は?―中国メディア

10日、参考消息は、韓国の働く若い世代が「仕事と生活のバランスが取れていること」を良い仕事の条件として挙げていると報じた。写真はソウルのレストラン。

2020年1月10日、参考消息は、韓国の働く若い世代が「仕事と生活のバランスが取れていること」を良い仕事の条件として挙げていると報じた。

記事は、韓国・中央日報電子版の8日付報道を引用。先日韓国の就職ポータルサイト・ジョブコリアが507人のミレニアル世代(1980年代〜2000年代初めに生まれた世代)のサラリーマンを対象に「良い仕事の条件」について尋ねた調査結果を発表したことを伝えた。

そして、調査の結果、過半数の51.5%が出世に対する欲をあまり持っておらず「他人と同じくらいならよし」と考えており、「早く出世したい」は31.6%にとどまったと紹介。「出世に興味がない」も9.3%おり、「出世したくない」とする人も7.7%にのぼったとしている。

また、良い仕事の条件で最多だったのはほぼ半数の49.9%が回答した「ワークライフバランスが保証されること」で、次に「満足できる給料とボーナスがもらえること」が48.9%とわずかな差で2位となった。このほか、「優れた福利制度」が30.6%、「平等な組織文化と自由な雰囲気」が20.3%で続いたという。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)