第98回全国高校サッカー選手権大会決勝の様子に中国ネットは「うらやましくてねたましくてたまらない」

第98回全国高校サッカー選手権大会決勝の様子に中国ネットは「うらやましくてねたましくてたまらない」

日本高校サッカーに嫉妬/中

第98回全国高校サッカー選手権大会決勝の様子に中国ネットは「うらやましくてねたましくてたまらない」

13日、中国メディアの新浪体育は、第98回全国高校サッカー選手権大会決勝について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

2020年1月13日、中国メディアの新浪体育は、第98回全国高校サッカー選手権大会決勝について紹介する記事を掲載した。

第98回全国高校サッカー選手権大会は13日、さいたま市の埼玉スタジアム2002で決勝が行われ、静岡学園が0-2の劣勢から3ゴールを奪って青森山田を逆転し、24年ぶりの優勝を果たした。記事はこの結果に加えて、決勝戦の来場者数が5万6025人に達したことも伝えている。

これに対し、中国のネットユーザーから「サッカー愛というのはこういうことを言う」「うらやましくてねたましくてたまらない」「まるでプロリーグのような試合だ」「中国のプロサッカーリーグより見応えがあるね」などのコメントが寄せられた。

また、「全面的に差がある。これこそサッカー文化だ」「日本サッカーは、選手、放送、ファン、メディアのすべてで中国サッカーを上回っている」「来場者5万人は難しいことではない。難しいのは第98回というところ」など、さまざまな面で日本との差を感じたユーザーも多かったようだ。

ほかには、「ぜひとも中国代表には日本の高校生と対戦してもらいたい」「わが国のU-23は日本の高校生に勝てないと思う」「中国代表はテクニックで日本の高校生に劣ると思う。体格では勝るだろうけど」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)