失踪16年後に中学校のグラウンドから遺体、主犯の男の死刑を執行―中国

失踪16年後に中学校のグラウンドから遺体、主犯の男の死刑を執行―中国

20日、人民日報は、湖南省の中学校校庭から16年前に殺害された男性の遺体が出てきた事件で、死刑判決を受けていた男の刑が執行されたと報じた。写真は現場。

2020年1月20日、人民日報によると、中国湖南省の中学校のグラウンドから16年前に殺害された同校職員の男性の遺体が発見された事件で、死刑判決を受けていた男の刑が執行された。

刑が執行されたのは、杜少平(ドゥー・シャオピン)元死刑囚。杜元死刑囚は2001年12月に懐化市新晃トン族自治県の中学校グラウンドの土木工事を請け負った際、学校側の工事管理代表者だったトウ世平(ダン・シーピン)さんとトラブルになり、03年1月22日に仲間と共謀してトウさんを殺害した後に、遺体を工事中のグラウンドに埋めたとされる。

杜元死刑囚は、この中学校の校長だったおじを始め、地元の公安局幹部らと関係を持って隠蔽(いんぺい)工作を進め、事件の真相は15年以上にわたって謎に包まれていた。しかし、昨年4月に同県公安局が実施した特別取り締まりで杜元死刑囚による不法行為の数々が明るみに出た。捜査の進展に伴って杜元死刑囚が事件に関与した疑いが強まり、6月にグラウンドを掘り返したところ埋められた遺体を発見。DNA鑑定の結果トウさんのものであることが判明した。

杜元死刑囚は逮捕、起訴され、昨年12月17〜18日に行われた一審裁判で死刑判決を受けた。杜元死刑囚は上訴したが、同省高級人民法院は今月10日に1審判決を支持する判決を下した。同16日に最高人民法院がこの判決を許可して死刑が確定、20日に刑が執行された。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)