武漢市封鎖、公共交通機関の運行停止、駅や空港も―中国メディア

武漢市封鎖、公共交通機関の運行停止、駅や空港も―中国メディア

中国・武漢市は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を封じ込めるため、現地時間23日午前10時から、市内の公共交通機関の運行を一時停止し、市外に向かうための空港や鉄道駅も一時閉鎖すると発表した。

2020年1月23日、中国湖北省武漢市の共産党機関紙、長江日報(電子版)によると、武漢市は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を封じ込めるため、現地時間23日午前10時(日本時間同11時)から、市内の路線バス、地下鉄、フェリー、長距離バスの運行を一時停止し、市外に向かうための空港や鉄道駅も一時閉鎖すると発表した。

また市民に対し、特別な事情がない限り、市外に出ないよう呼び掛けた。

中国メディアの環球網によると、中国全土で感染が確認された患者は、現地時間23日午前0時2分現在549人に上り、うち湖北省が444人だという。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)