安倍首相が韓国に「好意」示すも、韓国では脱日本化の成果が出始める―中国メディア

安倍首相が韓国に「好意」示すも、韓国では脱日本化の成果が出始める―中国メディア

21日、海外網は、安倍晋三首相が韓国に好意示す発言をする一方で、韓国は着実に「脱日本化」の成果を出していると報じた。写真は安倍首相(出典:内閣府 https://www.kantei.go.jp/)。

2020年1月21日、海外網は、「安倍晋三首相が韓国に好意を示す発言をする一方で、韓国は着実に脱日本化の成果を出している」と報じた。

記事は、安倍首相が20日に衆議院本会議の施政方針演説で韓国について「(元来)最も重要な隣国」と発言したことを紹介。この発言について「韓国との和解に向けた姿勢を示すものだ」との見方が外部から出ているとした。

その一方で、「韓国は半導体の部品、装備などの分野でこれまでにないほどの速度と効率で脱日本化を実現し、成果を得た」と解説。成允模(ソン・ユンモ)韓国産業通商資源相が「日本の規制強化を契機として、韓国は危機をチャンスに変える」と発言したことを伝えている。

また、記事は脱日本化の成功の理由として「時間と金をかければ、できないことはない。今回は韓国の政府と業界が真剣に力を注いだ結果」とする韓国側関係者の話や、「日本は半導体という韓国にとって最も痛い部分を突いたが、これにより『寝ている子が目を覚ました』。今回の脱日本化は、効率、質ともに従来とは明らかに異なる」という韓国政府関係者の話を紹介した。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)