日本の報道を誤解か、「日本が医療関係者約1000人を武漢に派遣」中国で間違った情報広がる―中国メディア

日本の報道を誤解か、「日本が医療関係者約1000人を武漢に派遣」中国で間違った情報広がる―中国メディア

中国のSNS上で27日、中国の新型肺炎について伝える日本の情報番組のキャプチャー画像を添えて「日本が医療関係者約1000人を武漢に派遣」とする間違った情報が拡散されているという。写真は武漢市内。

2020年1月28日、中国のニュースサイトの国際在線によると、中国のSNS上で27日、中国の新型肺炎について伝える日本の情報番組のキャプチャー画像を添えて「日本が医療関係者約1000人を武漢に派遣」とする間違った情報が拡散されているという。

国際在線によると、キャプチャー画像は、27日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ系)のもの。同番組では、中国で感染が拡大している新型肺炎について中国の衛生当局の担当者が会見を開き、医療関係者約1000人を武漢に派遣したと明らかにしたことについて、説明テロップの1行目で「“新型肺炎”中国政府が会見」、2行目で「医療関係者約1000人『武漢に派遣』」と伝えた。

国際在線は、テロップの2行目について、「日本語では主語が省略されることがよくある。『医療関係者を派遣』の主語は1行目の『中国政府』だが、そそっかしいネットユーザーが、日本が医療関係者を派遣すると誤解してしまったようだ」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)