指導グループ会議 入院率と治療率の向上を強調

2月4日、李克強総理は中国共産党中央の新型肺炎対策指導グループ会議を主宰しました。

 会議では、「湖北省、特に武漢市は感染拡大防止において、最も肝心な場所である。新型コロナウイルス患者の入院率と治療率を高めると同時に、輸入した医療物資の配分も急ぐべきだ」と指摘されました。

 また、一部の応急野戦病院と、2000人ぐらいの医療関係者を湖北省に追加派遣して、4日夜に到着できるように調整されています。このほか、ホテルやホール、養成センターなどの公共施設が活かされ、『新型コロナウイルスが疑われる患者』や軽症患者、あるいは感染者の密接接触者をここに収容し、住宅団地内の感染リスクの減少をはかることなどが提案されました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)