新型肺炎の特効薬開発者に1560万円をプレゼント、ジャッキー・チェンがSNSで発表

新型肺炎の特効薬開発者に1560万円をプレゼント、ジャッキー・チェンがSNSで発表

湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため、アクションスターのジャッキー・チェンがSNSを通じ、100万元(約1560万円)を寄付すると発表した。

湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため、アクションスターのジャッキー・チェン(成龍)がSNSを通じ、100万元(約1560万円)を寄付すると発表した。

ジャッキー・チェンは4日、中国国旗に医療スタッフの後ろ姿を配した画像とともに、長文を中国版ツイッターに投稿。「国民が勇敢にウイルスと戦う姿に深く感動している。国家に難あれば、立ち向かわないわけにはいかない」と、武漢や全国各地の医療スタッフをはじめ、ウイルスと戦う人々への感動をつづった。

さらにジャッキー・チェンは、「今、私には非常に“幼稚”な考えがある」と、感動を形で表す考えを示唆。「もし新型肺炎の特効薬の開発に成功すれば、それが個人でも研究機関でも100万元を差し上げて感謝の意を示したい」と書き記している。

大勢の人が行き交いにぎやかだった街が閑散としている様子や、大切な人との別れで悲しむ人の姿を、これ以上は見たくないというジャッキー・チェンは、穏やかな春を迎えるためにも「前向きに頑張ろう」と人々を激励している。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)