中国女性報道官が日本の“心温まる”行動を列挙し感謝!「深く心に刻みます」

中国女性報道官が日本の“心温まる”行動を列挙し感謝!「深く心に刻みます」

中国外交部の華春瑩報道局長は4日の定例会見で日本に「心からの感謝」を示した。写真は華報道局長。

中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道局長は4日の定例会見で日本に「心からの感謝」を示した。

会見で記者から「多くの日本のネットユーザーが中国駐日本大使館のSNSのコメント欄で武漢や中国を応援しています。報道官はこれをどう見ますか」と問われた華氏は、「私も関連の報道を見て、非常に感動しました。今回の新型コロナウイルスの発生以来、日本の政府、社会はいずれも中国に同情と理解、支持を示してくれています」と述べた。

また、「日本政府は全力で中国のウイルス対策に協力することを表明してくれました。日本政府、日本の多くの地方や企業が自発的に中国にマスクやゴーグル、防護服などの物資を寄付してくれました」としたほか、支援物資が入った箱には中国語で応援のメッセージがかかれていたこと、一部のドラッグストアで中国を応援する紙が掲示されたこと、東京スカイツリーが武漢を応援するために“チャイナレッド”にライトアップされたこと、厚生労働省の担当者が会見で「悪いのはウイルスであって人ではない」とコメントしたこと、日本の学校が保護者に宛てた手紙で中国や武漢市に関係する人への差別の防止を呼び掛けたことに言及した。

その上で、「多くの中国のネットユーザーたちも、私と同じように日本の人々の心温まる行動に気付いていると思います。ウイルスと戦うこの厳しい時期に、他国から中国への同情、理解、支持があったことに心からの感謝を示すとともに、深く心に刻みます。ウイルスに心はありませんが、人にはあります。ウイルスの流行は一時的なものであり、友情は長く続くものです」と述べ、今後も国際社会と連携してウイルス対策に全力を挙げ、早期に正常な生活を回復することを目指すとした。

華氏は日本との間に数々の“逸話”がある。16年7月の第23回ASEAN地域フォーラム(ARF)外相会議の会見で、席がなく床に座っていた日本の記者を「(床では)冷たいでしょう」と気遣い、中国外交官用の席を譲った。17年12月の外交部定例会見では、パンダの「シャンシャン」に関する質問を杉山事務次官に関する質問と聞き間違えて回答。誤りに気付くと、「ああ、あのシャンシャンね。私てっきり…」と屈託のない笑顔を見せ、日本でも「萌(も)える」などと話題になった。18年1月と19年8月には、当時の河野太郎外相との笑顔の自撮りツーショット写真が日中で話題になった。

なお、華氏の会見について、中国のネットユーザーからは「ありがとう、ありがとう」「中国人民も心から感謝しているよ」「苦しい時に助けてくれたこと、しっかりと覚えておきます」「困難な時こそ本当の心が見える。日本のネットユーザーに感謝と“いいね”を」「中国人は恩と仇をしっかりと分ける。助けてくれたのだから、今後何かあれば(日本を)必ず助ける」「あの歴史さえなければ、中日はきっと家族も同然だろうな」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)