中国、ロシア上回り世界第2位の武器販売国に=AVICなど3社が世界の上位10社以内に―中国メディア

中国、ロシア上回り世界第2位の武器販売国に=AVICなど3社が世界の上位10社以内に―中国メディア

2日、中国紙・環球時報は、「中国がロシアを上回り世界第2位の武器販売国になったとするリポートがこのほど発表された」と報じた。写真は中国航空工業集団。

2020年2月2日、中国紙・環球時報は、「中国がロシアを上回り世界第2位の武器販売国になったとするリポートがこのほど発表された」とし、「販売額で、中国の軍事関連企業3社が世界の上位10社以内に入った」と報じた。

環球時報によると、スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)はこのほど、中国が世界第2位の武器販売国になったとする推計結果を発表した。

SIPRIは、透明性が足りない中、中国の主要4企業の2015年から17年までの信頼できる財務情報を入手し、4社の17年の販売額は計541億ドル(約5兆9200億円)に上ると推計した。米国の同年の販売額は2266億ドルで、ロシアは377億ドルだという。

推計販売額は、中国最大の軍事関連企業である中国航空工業集団(AVIC)が201億ドルで世界6位、中国兵器工業集団(NORINCO)が172億ドルで8位、中国電子科技集団(CETC)が122億ドルで9位に入る。中国兵器装備集団(CSGC)も19位だという。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)