医療物資1億トン余輸送、宅配業者が10日から通常営業

医療物資1億トン余輸送、宅配業者が10日から通常営業

国家郵便局が明らかにしたところでは、2月8日までに、各地の郵便局、宅配業者がマスク、防護服、ゴーグル、医薬品、消毒剤、ウイルス検出キット、医療機器などの関連物資合わせて1万552トン、小包4751万個を輸送しました。輸送には車両延べ3331回、貨物航空便延べ120機が動員され、...

 国家郵便局が明らかにしたところでは、2月8日までに、各地の郵便局、宅配業者がマスク、防護服、ゴーグル、医薬品、消毒剤、ウイルス検出キット、医療機器などの関連物資合わせて1万552トン、小包4751万個を輸送しました。輸送には車両延べ3331回、貨物航空便延べ120機が動員され、物資輸送に遅延が生じる状況を効果的に緩和させました。

 関連公告によりますと、新型肺炎の予防・抑制用物資や市民の生活必需品の輸送と宅配のニーズによりよく応えるため、国内の主要宅配業者は10日から相次いで通常営業に戻りました。今月中旬までに、通常の稼働能力の40%以上にまで回復するということです。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)