各国は正常な国際貿易のために共に努力を=商務部

商務部の高峰報道官は10日、記者会見でメディアの質問に答えた際に、「中国は新型肺炎の流行が対外貿易に与える影響に注目している。現在、関連部門と地方政府は企業を積極的に支援しており、一部の地方政府は企業をサポートする政策を打ち出した。また、条件が整った一部の外資系企業の生産が回復している」と示しました。

 高報道官は「国際貿易への干渉措置を取る理由はない。現在、中国は新型肺炎の予防と抑制に向けた戦いに全力を挙げており、これに勝利する自信と能力を有している。世界保健機関(WHO)も、中国の努力とこれまでの進展を高く評価し、渡航制限や貿易制限の必要は無いとしている。各国が団結と協力の姿勢を十分に示し、共に努力して新型肺炎に打ち勝ち、正常な国際貿易のためになる有利な条件を作り出すことを期待している」と話しました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)